2月9日から17日まで、花菜ガーデン(神奈川県平塚市)にて、クリスマスローズの展示会で開催されます。この展示会は、浅間クリスマスローズガーデン(長野県小諸市)のクリスマスローズ愛好家の会のイベントで、原種のクリスマスローズ及びハイブリッド品種など、見所満載の内容です。

私、南素子は、2月11日にクリスマスローズを使った寄せ植えの講習会の講師をさせて頂きます。時間は午前10時から12時まで。参加費用は3,500円(講習代金、花材費込み)定員20名お申し込みは花菜ガーデン様まで。TEL 0463-73-6170どうぞよろしくお願いします。

☆クリスマスローズについて

クリスマスローズの正式名称はヘレボラスといいます。キンポウゲ科の宿根草で、花言葉は慰め。冬枯れの時期に健気に咲く花の姿は人々に勇気を与えてくれます。
クリスマスローズの魅力は丈夫で育てやすいことです。直射日光が当たらない場所でも育つため、庭の片隅でも開花します。
害虫や病気にも強く、耐寒性も耐暑性もあります。
クリスマスローズの原種はヨーロッパに広く自生しており、多くは地中海沿岸のバルカン半島の国々です。トルコ、シリア。ジョージア、ヨーロッパから遠く離れた中国の四川省を中心にチベタヌスが分布しています。
ヨーロッパから日本にクリスマスローズが伝わったのは江戸時代後半とされています。

花の少ない1月~3月に咲き始めるクリスマスローズは冬から早春の庭にかかすことができない花で、近年、人気が高い植物です。
クリスマスローズの正式名称はヘレボラスといいます。キンポウゲ科の宿根草で、花言葉は慰め。冬枯れの時期に健気に咲く花の姿は人々に勇気を与えてくれます。
クリスマスローズの魅力は丈夫で育てやすいことです。直射日光が当たらない場所でも育つため、庭の片隅でも開花します。
害虫や病気にも強く、耐寒性も耐暑性もあります。
クリスマスローズの原種はヨーロッパに広く自生しており、多くは地中海沿岸のバルカン半島の国々です。トルコ、シリア。ジョージア、ヨーロッパから遠く離れた中国の四川省を中心にチベタヌスが分布しています。
ヨーロッパから日本にクリスマスローズが伝わったのは江戸時代後半とされています。

花の少ない1月~3月に咲き始めるクリスマスローズは冬から早春の庭にかかすことができない花で、近年、人気が高い植物です。