プランツギャザリングとは、愛知県在住の青木英郎先生が考案された、日本発の園芸技術です。

根っこのついた花やグリーンを優しく丁寧に組み合わせをして、小さな花束ユニットを作り、器に植え込むと、出来上がった瞬間から、豪華で美しいフラワーアレンジメントのような寄せ植えが楽しめて、花が2、3ヶ月楽しめます。

また、ルーティーブーケという技術もあり、花苗やグリーンの土を落として、根洗いし、ブーケを組むことで、従来のブーケより、花の持ちがよく、素敵です。

私は昨日、一年間のギャザリングのレッスンを終了しました。

昨日のレッスンはルーティーブーケで、私の卒業作品になりました。

青木英郎先生、一年間のレッスンを受講させて頂き、どうもありがとうございました。

今後はギャザリングの技術を生かして、仕事をしようと思っています。